3Dプリンターで国信大キャンパスを出力

最近は3Dプリンターも安くなってきているので当会にも廉価な3Dプリンターとして定評のあるender-3を導入しました!

そこで早速、手元にあった国信大のキャンパスの3Dデータに土台の追加など手を加え、3Dプリンターで出力してみました!

これを出力したのがこちら!土台を含めて6時間くらいかかりました。

FDMの宿命である積層痕や走査痕が見えたり途中でプラットフォームシートの左下が浮いてしまったので文字が潰れたりムラが若干ありますがいい感じにできています!

PC内で作成した3Dデータが現実に物理的な物体になって出てくるのは感動しますね〜

これから何かアイデアがあれば3Dプリンターを色々活用していたいです。

今回使用したSTLファイルはこちら!(blenderから出力しました)

campus-3dmodel-1.stl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です